光インターネットの仕組みとは?

光インターネットの仕組みは、パソコンのデーター情報を光の信号に変換して送受する方法です。
光の信号は、光ファイバーと呼ばれるプラスチック製のケーブルをの中を通して別の地点へ送信されます。
パソコンのデーター信号は光信号ではありませんから、それを光信号に変換するためにONU(光回線終端装置)を使用します。
光信号に変換されて送られてきたデーター情報は、受信側のONUでパソコンデーター情報に戻されてパソコンに入力されます。
ですから、光インターネット通信では、送信側と受信側で各々に1台ずつONUが必要になるということです。
実際には、ネット接続は事業者側が複数のユーザーと通信しなければならないので、ONUではなく、SLTやOLTを使用しています。
プロバイダーを乗り換えするときの条件で比較